So-net無料ブログ作成

貨物鉄道博物館 その6 [鉄道]

続きます。

IMG_9655.JPG

DB101号です。

昭和32年製造です。

IMG_9657.JPG

静岡県の用宗駅から分岐していた巴川製紙所の工場引き込み線で貨車を牽引していたディーゼル機関車です。

昭和61年に引退しました。

IMG_9664.JPG

タム8000形8000号です。

昭和37年製造。

15トン積過酸化水素専用タンク車です。

純アルミ製のタンクは高価で強度が劣りますが、過酸化水素が分解することを抑制します。

IMG_9666.JPG

タム5000形6263号です。

昭和43年製造。

15トン積塩酸及びアミノ酸専用タンク車です。

塩酸は腐食性が強いので、内面にゴムライニングが施されています。

IMG_9668.JPG

屋外展示はこんな感じです。

屋根のある展示もありますが、露天も多いので、劣化も心配です。

貨物鉄道博物館は、NPОによる運営です。

月に一回しか開館していませんが、次には開館日に訪問したいです。

(終わり)


貨物鉄道博物館 その5 [鉄道]

続きです。

IMG_9642.JPG

テラ1形146号です。

昭和40年製造です。

IMG_9644.JPG

前からの図です。

水と反応して高熱を発生し、発火の原因となる生石灰などを輸送するために車内に木の内張りがない鉄製有蓋車です。

大垣市の美濃赤坂駅に配備されていました。

IMG_9645.JPG

反対側からの図です。

IMG_9646.JPG

こんな形で野外展示されています。

(続く)

貨物鉄道博物館 その4 [鉄道]

貨物鉄道博物館の続きです。

IMG_9636.JPG

シキ160形160号です。

変圧器輸送用の130トン積大物車です。

昭和30年製造です。

富士電機向けに製造されました。

IMG_9638.JPG

全長23m、自重40トンのマンモス貨車です。

吊掛式の構造です。

IMG_9639.JPG

ホサ1形1号です。

昭和5年製造です。

浅野セメントが川崎の工場に石灰石を輸送するために製造した23トン積ホッパ車です。

(続く)

貨物鉄道博物館 その3 [鉄道]

貨物鉄道博物館の続きです。

IMG_9628.JPG

ワ11形11号です。

昭和4年製造です。

新潟県を走っていた蒲原鉄道の10トン積有蓋車です。

有蓋車の側面は鋼板張りが増えてきましたが、この貨物車は木張りでした。

IMG_9629.JPG

ワ1形5490号です。

明治39年製造です。

北越鉄道の7トン積有蓋車でしたが、戦後は近江鉄道に移籍しました。

大正時代に荷重を10トンに増やす改造を受けています。

鋼製の柱に木製の板張りで、引き戸も木製です。

IMG_9630.JPG

ワフ21000形21120号です。

昭和9年製造です。

国鉄初の鋼製有蓋緩急車で、2人乗務用の広い車掌室が特徴です。

2トン積の小さな貨物室は、他の貨物との混載に不向きな鮮魚や貴重品など小口貨物用でした。

昭和52年から岐阜県の西濃鉄道に移籍して、推進運転に用いられました。

IMG_9632.JPG

ワフ21120です。

ワは有蓋車です。

フは緩急車です。

緩急車とは、列車にブレーキを掛ける装置が取り付けられた車両です。

(続く)

貨物鉄道博物館 その2 [鉄道]

貨物鉄道博物館の続きです。

IMG_9625.JPG

蒸気機関車です。

英国製の蒸気機関車で明治31年に製造されました。

IMG_9626.JPG

B4形39号です。

39の数字が目立ちます。

大正11年に東武鉄道B4形39号となり、貨物列車の牽引に活躍しました。

昭和41年に引退して東京の昭和鉄道高校で保存されていました。

IMG_9653.JPG

運転席です。

IMG_9627.JPG

ト200啓46号です。

大正6年製造です。

もとは愛知電気鉄道の有蓋車でしたが、大正末期に無蓋車に改造されました。

ブレーキシリンダーがなく、白い十字の標記はそれを表しています。

(続く)

貨物鉄道博物館 [鉄道]

貨物鉄道博物館です。


IMG_9623.JPG

三重県いなべ市大安町にあります。

三岐鉄道丹生川駅に隣接してあります。

貨物鉄道のみというのは珍しいです。

IMG_9624.JPG

なんと休館でした。

よく見ると開館は毎月第一日曜日のみでした。

月に一回だけです。

鉄道マニアには垂涎の施設ですが、確かにそんなにお客さんが殺到するような施設ではありません。

入場無料です。

IMG_9621.JPG

貨物ばかりがズラーっと並んでいます。

IMG_9620.JPG

なかなか壮観です。

IMG_9622.JPG

日本アルコール販売株式会社とあります。

IMG_9619.JPG

機関車です。

(続く)

桑名城の門 [移築城門]

桑名城の移築門です。

IMG_9672.JPG

桑名城の唐門がいなべ市北勢町の安行寺の鐘楼に移築されています。

北勢町は合併していなべ市になりました。

門かと思えば、鐘でした。

IMG_9679.JPG

唐門の中です。

家紋がつけられています。

鐘楼としては唐破風は珍しいです。

IMG_9676.JPG

安行寺です。

浄土真宗の寺院です。

IMG_9675.JPG

北勢町のマンホールです。

桑名城の移築城門 [移築城門]

桑名城の城門が移築されています。

IMG_9603.JPG

四日市市の照恩寺の山門として移築されています。

寺の正門です。

IMG_9612.JPG

横から見た門です。

薬医門です。

IMG_9606.JPG

門の見上げです。

IMG_9607.JPG

門扉です。

金具が重厚です。

IMG_9609.JPG

門柱の下部です。

木材の抜き取りの跡があります。

IMG_9615.JPG

門扉です。

IMG_9617.JPG

城門らしく重厚な門です。

桑名城の移築御殿 [移築城門]

桑名城の御殿が浄泉坊に移築されています。

IMG_9585.JPG

浄泉坊は三重県三重郡朝日町にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

桑名藩主の奥方の菩提寺でした。

IMG_9587.JPG

彫刻に三つ葉葵が入っています。

IMG_9589.JPG

庫裏の玄関です。

IMG_9590.JPG

玄関の車寄せです。

桑名城の御殿の写真ではこの車寄せの写真がよく出ています。

しかし、この車寄せは桑名城のものではありません。

IMG_9596.JPG

奥の書院が桑名城の御殿を移築したものです。

非公開です。

IMG_9601.JPG

書院のアップです。

雨戸が閉まっていて中の様子はわかりません。

IMG_9602.JPG

朝日町のマンホールです。


伏屋城@岐阜県羽島郡岐南町 [お城踏査]

伏屋城は岐阜県羽島郡岐南町にあった中世城郭です。

もう一つの一夜城とも言われています。

IMG_9379.JPG

一夜城は織田信長が美濃の稲葉山城(岐阜城)を責めるために永禄年間に築いた墨俣一夜城が有名です。

豊臣秀吉(木下藤吉郎)が一夜で築いたために一夜城と呼ばれています。

ところがこの伏屋城が豊臣秀吉が築いた一夜城であるという伝承があります。

実際に伏屋城からは岐阜城は目の前です。

墨俣一夜城は少し距離があります。

こちらが一夜城というのも一理あるような気もします。

ただ、天正12年の小牧長久手合戦の時に秀吉は伏屋城に伏屋市兵衛に守らせました。

この時のことと信長の美濃攻めと混同しているかもしれません。

IMG_9378.JPG

伏屋城は宅地の中にあります。

城跡付近のみは藪になっています。

IMG_9376.JPG

土塁がL字状に残っています。

竹藪となっているのでとても分かりにくいですが、土塁がよく残っています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。