So-net無料ブログ作成
検索選択

井伊谷宮 [神社]

浜松市北区引佐町井伊谷にある井伊谷宮です。

IMG_8977.JPG

入り口です。

官幣中社井伊谷宮とあります。

IMG_8980.JPG

神門です。

鳥居と神門が続いています。

IMG_8982.JPG

拝殿です。

祭神は一品中務卿宗良親王です。

IMG_8983.JPG

絵馬です。

次郎法師 井伊直虎と虎松です。

今年から新たに作られたのでしょうね。

IMG_8984.JPG

こちらは井伊直虎と井伊直政です。

IMG_8986.JPG

こちらは従来の絵馬です。

宗良親王です。

趣があります。

IMG_8990.JPG

交通安全の絵馬です。

井伊谷宮の祭神宗良親王は後醍醐天皇の皇子で南北朝時代に一品中務卿征東将軍として井伊谷を本拠として戦いました。

井伊谷宮は明治5年に明治天皇の勅旨により建てられました。

宗良親王は武だけではなく、和歌にも秀でて、歌集「李花集」を残し、「新葉和歌集」の編纂をするなど文化面でも活躍されました。

親王のどんな逆境でも不撓不屈の精神は、多くの人々に慕われて、学問、心願成就、開運の神として信仰を集めています。

IMG_8985.JPG

御神籤です。

いろいろな種類の御神籤があります。

IMG_8988.JPG

摂社の井伊社です。

祭神は井伊家の第十二代井伊道政とその息子高顕です。

道政と高顕は宗良親王に仕えました。

また、井伊道政の娘の重子(駿河姫)と宗良親王の間には尹良親王が生まれています。

IMG_8989.JPG

願いことを書いて奉納する札です。

井伊社の神紋を書いて奉納します。

渭伊神社 [神社]

渭伊神社は浜松市北区引佐町井伊谷字天白にあります。

IMG_8961.JPG

深い森の中にあります。

大河ドラマおんな城主直虎の影響で、にぎわっています。

IMG_8964.JPG

祭神は息長帯比売命、品陀和気命、玉依比売命です。

IMG_8963.JPG

渭伊神社は創立の年代は不明ですが、三代実録に記載があり、風土記には延喜式神名帳にもあります。

井伊氏の祖先の井伊共保が寛弘7年にその神井より出生以来産神として信仰しました。

IMG_8965.JPG

渭伊神社で有名なのは、背後にある天白磐座遺跡です。

IMG_8966.JPG

渭伊神社の本殿の背後にある薬師山の頂上にあります。

40m四方に散在する巨石群で神の磐座とする古代祭祀遺跡です。

IMG_8969.JPG

平成元年に発掘調査が行われて4世紀から平安時代に至る祭祀遺跡であることが確認されました。

手こね土器や鉄鉾、勾玉など祭祀に使われた遺物が出土しました。

IMG_8970.JPG

巨石が林立する様子は厳かな雰囲気を感じます。

今でいうパワースポットです。

二宮神社 [神社]

二宮神社は井伊谷城(静岡浜松市)の麓にあります。

IMG_8928.JPG

大河ドラマに伴い建てられた新しい看板です。

井伊家にかかわる多道間守(橘の家紋)と宗良親王が祭られています。

宗良親王は「二宮」と呼ばれたために二宮神社と言われます。

IMG_8929.JPG

社殿です。

多道間守は井伊郷の荘司三宅氏の始祖です。

多道間守は第11代垂仁天皇の勅諚に応えて常世の国から我が国に橘を将来しました。

井伊氏はこの神社の橘紋を家紋としました。

南北朝時代には井伊氏は後醍醐天皇の皇子宗良親王に味方しました。

IMG_8930.JPG

二宮神社の御由緒です。

豊国神社 [神社]

豊国神社です。

IMG_7278.JPG

名古屋市中村区にあります豊臣秀吉を祀る神社です。

中村公園の中にあります。

IMG_7277.JPG

社殿です。

江戸時代には豊臣秀吉を祀ることはできなかったので、明治になり作られました。

IMG_7276.JPG

豊国神社の絵馬です。

豊臣秀吉の馬印である千成瓢箪を模してひょうたんの形をしています。

ご利益ありそうです。

IMG_7279.JPG

豊臣秀吉の生誕地はいくつか説がありますが、この名古屋市中村区で生まれたというのも有力な候補の一つです。

大きな石碑が建てられています。

豊公誕生之地と刻まれています。

IMG_7280.JPG

説明です。

豊臣秀吉は天文5年1月1日に木下弥右衛門の子として生まれました。

幼名は小竹、あるいは日吉丸。

小一郎秀長と朝日姫は異父弟妹、姉智子は同父同母の姉です。

出生地は中村区下中村町という説もあります(他にもあり)。

錦天満宮 [神社]

新京極にある錦天満宮です。

IMG_8807.JPG

提灯が入り口にたくさん飾られている様は、蛸薬師みたいです。

IMG_8805.JPG

天神さんなので菅原道真を祀っています。

錦天満宮は、長保5年(1003)菅原道真の父親の菅原是善の旧邸を源融の旧邸に移築して建てられた歓喜寺の鎮守社として建てられました。

天正19年に豊臣秀吉の都市計画により現在地に移りました。

繁華街にあるため、結構境内は狭いです。

結構賑わっていました。

IMG_8806.JPG

牛の頭が触られ過ぎてピカピカになっていました。

本能寺 [神社]

本能寺です。

天正10年、織田信長が明智光秀の謀反により死亡した本能寺の変で有名です。

京都中京区寺町通御池下ル下本能寺前町532に所在します。

IMG_8773.JPG

本能寺の碑です。

本能寺の「能」の字が違っています。

本能寺は本能寺の変だけではなく、何度も火災に遭っています。

そのため「能」の字に「ヒ」が含まれているのが「火」につながることを嫌い、「能」の字を変えています。

本能寺の変のあった当時の本能寺は現在の場所ではありません。

火災で焼けて現在の場所に移りました。

IMG_8774.JPG

山門です。

立派な門です。

IMG_8775.JPG

本堂です。

本能寺は法華宗本門流の本山です。

IMG_8776.JPG

塔頭です。

本能寺には、恵昇院、蓮承院、定性院、高俊院、本行院、源妙院、龍雲院の7院の塔頭があります。

IMG_8777.JPG

本能寺にある信長廟です。

IMG_8779.JPG

信長廟です。

IMG_8781.JPG

信長廟の奥にある墓です。

三段になっています。

IMG_8782.JPG

徳川家重夫人の供養塔、菅中納言局庸子の石塔、島津義久夫人の石塔です。

IMG_8784.JPG

臥牛石です。

牛のようです。

加藤清正寄進と言われます。

IMG_8786.JPG

説明です。

朝鮮通信使ゆかりの地です。

天下の奇祭 てんてこ祭り [神社]

てんてこ祭りは愛知県西尾市の熱池八幡神社のお祭りです。

IMG_8846.JPG

八幡神社です。

てんてこ祭りは平安時代に清和天皇の大嘗会の悠紀斎田になったことに由来します。

IMG_8859.JPG

八幡神社の境内には清和天皇悠紀斎田伝説地の石碑が建てられています。

IMG_8822.JPG

てんてこ祭りの行列です。

毎年1月3日に行われます。

IMG_8823.JPG

赤い衣装に身を包んだ6人の年男が神社に向けて行列します。

腰には大根を男根の形に削ったものをつけています。

IMG_8852.JPG

「てんてこ」という太鼓の囃子にあわせて腰を振りつつ、行進します。

腰を振る様が何とも奇妙でおかしいです。

IMG_8826.JPG

行列です。

IMG_8847.JPG

愛知県無形民俗文化財に指定されています。

IMG_8857.JPG

行列が終わると大根を神社の本殿に縛り付けます。

大根は真っすぐではなく、曲がったものを使います。

IMG_8836.JPG

一年で一日だけ売られる「てんてこおこし」です。

600円で売られています。

IMG_8837.JPG

てんてこ鈴です。

土鈴です。

ちょっと買うのは恥ずかしいです。

平野神社 [神社]

北野天満宮の後に近くの平野神社にお参りしました。

IMG_8758.JPG

大鳥居です。

IMG_8759.JPG

大鳥居の扁額です。

「平野皇大神」と書かれています。

IMG_8761.JPG

東神門です。

平野神社の神紋である桜の提灯が飾られています。

IMG_8764.JPG

東神門を入ると、すえひろがねがあります。

磁力のある石で、パワースポットになっています。

紐の先についているものは、金属で、磁力のあるすえひろがねにくっついています。

IMG_8763.JPG

すえひろがねの後ろにある樟です。

樟の周りを廻ってからお参りすると後利益があがるそうです。

IMG_8765.JPG

拝殿と本殿です。

拝殿から回廊がまわっています。

IMG_8760.JPG

平野神社の祭神は次の4柱です。

今木皇大神
久度大神
古開大神
比売大神

IMG_8768.JPG

りすの御神籤です。

りすのおつげです。

神様の使いとされるりすのしっぽにくじを巻いています。

かわいいです。

IMG_8770.JPG

平野神社の絵馬です。

酉です。

北野天満宮 [神社]

今年の初詣は京都の北野天満宮にお参りしました。

IMG_8713.JPG

参道です。

ものすごい人出。

両側にや露店が並びます。

IMG_8718.JPG

牛は皆が触るのでテカテカです。

IMG_8719.JPG

楼門です。

IMG_8721.JPG

楼門にかかる巨大絵馬。

梅に鶏です。

平成29年ひのと酉

IMG_8722.JPG

楼門の中の随身

IMG_8731.JPG

三光門です。

中門であり、重要文化財です。

IMG_8733.JPG

拝殿です。

奥に本殿があります。

北野天満宮は菅原道真を祀っています。

菅原道真が無実の罪で大宰府に配流されて亡くなってから都では災害が相次ぎました。

これを菅原道真の祟りと恐れて、天暦元年(947)に建立されました。

IMG_8734.JPG

入母屋の屋根の正面に千鳥破風と唐破風の組み合わせです。

IMG_8735.JPG

蟇股の彫刻です。

極彩色でみごとな龍です。

IMG_8747.JPG

本殿と拝殿。

複雑な屋根です。

ともに国宝です。

権現造社殿です。

IMG_8751.JPG

本殿の屋根です。

屋根は檜皮葺きです。

手前は本殿を囲む透塀です。

塀は重要文化財です。

IMG_8754.JPG

本殿脇にある摂社です。

IMG_8753.JPG

摂社の一つ今雄社です。

IMG_8749.JPG

北野天満宮の絵馬です。

牛が描かれています。

IMG_8750.JPG

干支御籤です。

IMG_8723.JPG

祝福の梅の枝です。

IMG_8726.JPG

梅の枝に瓢箪と短冊が付いています。

入試合格、学業成就、厄除けの御利益があります。

日前宮 [神社]

日前宮は和歌山県和歌山市秋月にある神社です。

秋月城に行ったときに立ち寄りました。

IMG_7099.JPG

日前宮は、日前神宮と國懸神宮の二つを総称して言います。

祭神は日前大神と國懸大神です。

紀州の一之宮です。

IMG_7098.JPG

境内は広く、うっそうとした鎮守の杜が敬虔な気分にしてくれます。

IMG_7100.JPG

日前神宮の社殿です。

相殿は、思兼命と石凝姥命です。

一つの境内に二つの大社が鎮座するのは珍しいです。