So-net無料ブログ作成
検索選択

平安神宮 [神社]

平安神宮は京都市左京区にあります。

IMG_0336.JPG

巨大な鳥居がお出迎えです。

高さ24mです。

IMG_0342.JPG

應天門です。

平安京朝堂院の應天門を模したものです。

平安神宮は、明治28年に平安遷都1100年を記念して創建されました。

平安京を作った桓武天皇を祀っています。

皇紀2600年の昭和15年には平安京最後の天皇である孝明天皇が合祀されました。

IMG_0347.JPG

外拝殿です。

朱色の社殿が印象的です。

IMG_0346.JPG

白虎楼・西歩廊です。

非常に特徴的な建物です。

平安京朝堂院の様式を模したものです。

平安神宮は、平安京の大内裏を8分の5の規模で再現したものです。

外拝殿は大極殿を模しています。

IMG_0348.JPG

外拝殿の前にある右近の橘です。

IMG_0350.JPG

左近の桜です。

紫宸殿の左右には橘と桜が植えられていました。

これを模したものです。

右近の橘と左近の桜はお雛さんの段飾りにも取り入れられています。

IMG_0354.JPG

白虎の像です。

nice!(61)  コメント(1) 

金神社 [神社]

金神社は岐阜県岐阜市金町にあります。

IMG_1798.JPG

金神社とはめでたい神社です。

鳥居まで金色です。

IMG_1797.JPG

こがね神社と読みます。

金運にご利益があります。

宝くじを買うときにお参りする人が多いです。

IMG_1800.JPG

拝殿です。

祭神は金大神(こがねのおおかみ)です。

渟熨斗姫命、五十瓊敷入彦命、日葉酢媛命、市隼雄命の4柱も祭られています。

創建は成務天皇の時代(西暦135年)と伝えられています。


IMG_1802.JPG

金神社の絵馬です。

ゴールドです。

IMG_1803.JPG

もう一種の絵馬です。

鶏が小判をつついています。

nice!(45)  コメント(3) 

一色大提灯 [神社]

愛知県西尾市一色町にある諏訪神社です。

IMG_1834.JPG

鳥居です。

IMG_1821.JPG

本殿です。

建御名方神です。

IMG_1816.JPG

諏訪神社では毎年8月26日と27日に大提灯まつりが開催されます。

大きな提灯があげられます。

IMG_1818.JPG

起源は戦国時代の永禄年間にさかのぼります。

海魔を鎮めるために諏訪神社を勧請して、海岸でかがり火を焚いたことがはじまりと言われています。

かがり火は100年ほど続きましたが、江戸時代には大きな提灯を上げるようになりました。

しかし、江戸時代になると次第に提灯の大きさを競い、巨大化しました。

そのために西尾藩より質素倹約のため胴回りを2間以内とするように通達が出されました。

守らない組も出て、入牢される事件も起こりました。

しかし、明治になると再び大きくなりました。

IMG_1822.JPG

提灯には様々な画題が描かれています。

IMG_1827.JPG

6組12張りの提灯があげられます。

IMG_1841.JPG

提灯の内部を見上げたところです。

大きさを実感できます。

IMG_1847.JPG

夜になると提灯に火が入れられます。

蝋燭も大きいです。

IMG_1838.JPG

諏訪神社の参道です。

両側に屋台が並びます。

IMG_1813.JPG

西尾市旧一色町のマンホールです。
nice!(47)  コメント(4) 

熊野若王子神社 [神社]

熊野若王子神社です。

IMG_0242.JPG

京都市の哲学の道にあります。

IMG_0243.JPG

拝殿です。

熊野若王子神社は永歴元年(1160)後白河法皇が建立しました。

熊野権現を勧請したものです。

寛正6年(1465)には足利義政が花見の宴が催されました。

その後応仁の乱により荒廃しましたが、豊臣秀吉により再興されました。

IMG_0244.JPG

熊野若王子神社の絵馬です。

熊野神社らしく3本足のカラスです。

IMG_0245.JPG

もう一種類の絵馬です。

哲学の道散策記念と書かれています。

若王子はにゃくおうじと読みます。
nice!(46)  コメント(2) 

大豊神社 [神社]

大豊神社は京都市東山にあります。

IMG_0224.JPG

鳥居です。

哲学の道を歩いていると見つけられます。

IMG_0227.JPG

拝殿です。

大豊神社は、仁和3年(887)宇多天皇の病気平癒のため、藤原俶子が少彦名命を祀り建てました。

後に応神天皇と菅原道真を合祀しました。

IMG_0233.JPG

絵馬です。

狛ねずみの社とあります。

それは狛犬のかわりに狛ねずみがいるからです。

IMG_0231.JPG

これが狛ねずみです。

椿が載っています。

IMG_0232.JPG

もう一匹。

2匹でペアです。

かわいいですね。

IMG_0228.JPG

摂社として愛宕社と日吉社があります。

IMG_0230.JPG

鷹でしょうか。

狛鷹です。

IMG_0229.JPG

こちらは猿です。

日吉社の使いは猿と言われます。

狛犬ならぬ狛猿です。


nice!(74)  コメント(2) 

晴明神社 [神社]

京都市にある晴明神社です。

IMG_0113.JPG

陰陽師で有名な安倍晴明を祀ります。

IMG_0114.JPG

鳥居には有名な五芒星が掲げられています。

文字ではなくマークが掲げられるのは珍しいです。

IMG_0115.JPG

境内には一条戻り橋が作られています。

もちろんこんなに小さくありません。

IMG_0117.JPG

拝殿です。

有名な神社ですが、境内は意外と狭いです。

IMG_0118.JPG

拝殿の前には安倍晴明の銅像があります。

衣の下で印を結び、天体観測している様子を表しています。

IMG_0119.JPG

厄除桃です。

中国では桃は魔除け、厄除けの果実とされています。

昔話の桃太郎もこれに由来します。

参拝者が撫でるためにピカピカです。

IMG_0120.JPG

晴明井です。

晴明が念力により湧出させた井戸です。

病気平癒のご利益があります。

水の湧き出る位置はその年の恵方を向いています。

京都では人気の神社です。






nice!(55)  コメント(6) 

笠松町の八幡神社 [神社]

岐阜県羽島郡笠松町の笠松陣屋の近くの八幡神社です。

IMG_9369.JPG

拝殿です。

八幡神社は数も多く武門の神として親しまれている神社です。

IMG_9370.JPG

本殿です。

御祭神は応神天皇です。

金幣社です。

御神紋は左三つ巴です。

IMG_9371.JPG

本殿の前の神門です。

境内は広いです。

井伊谷宮 [神社]

浜松市北区引佐町井伊谷にある井伊谷宮です。

IMG_8977.JPG

入り口です。

官幣中社井伊谷宮とあります。

IMG_8980.JPG

神門です。

鳥居と神門が続いています。

IMG_8982.JPG

拝殿です。

祭神は一品中務卿宗良親王です。

IMG_8983.JPG

絵馬です。

次郎法師 井伊直虎と虎松です。

今年から新たに作られたのでしょうね。

IMG_8984.JPG

こちらは井伊直虎と井伊直政です。

IMG_8986.JPG

こちらは従来の絵馬です。

宗良親王です。

趣があります。

IMG_8990.JPG

交通安全の絵馬です。

井伊谷宮の祭神宗良親王は後醍醐天皇の皇子で南北朝時代に一品中務卿征東将軍として井伊谷を本拠として戦いました。

井伊谷宮は明治5年に明治天皇の勅旨により建てられました。

宗良親王は武だけではなく、和歌にも秀でて、歌集「李花集」を残し、「新葉和歌集」の編纂をするなど文化面でも活躍されました。

親王のどんな逆境でも不撓不屈の精神は、多くの人々に慕われて、学問、心願成就、開運の神として信仰を集めています。

IMG_8985.JPG

御神籤です。

いろいろな種類の御神籤があります。

IMG_8988.JPG

摂社の井伊社です。

祭神は井伊家の第十二代井伊道政とその息子高顕です。

道政と高顕は宗良親王に仕えました。

また、井伊道政の娘の重子(駿河姫)と宗良親王の間には尹良親王が生まれています。

IMG_8989.JPG

願いことを書いて奉納する札です。

井伊社の神紋を書いて奉納します。

渭伊神社 [神社]

渭伊神社は浜松市北区引佐町井伊谷字天白にあります。

IMG_8961.JPG

深い森の中にあります。

大河ドラマおんな城主直虎の影響で、にぎわっています。

IMG_8964.JPG

祭神は息長帯比売命、品陀和気命、玉依比売命です。

IMG_8963.JPG

渭伊神社は創立の年代は不明ですが、三代実録に記載があり、風土記には延喜式神名帳にもあります。

井伊氏の祖先の井伊共保が寛弘7年にその神井より出生以来産神として信仰しました。

IMG_8965.JPG

渭伊神社で有名なのは、背後にある天白磐座遺跡です。

IMG_8966.JPG

渭伊神社の本殿の背後にある薬師山の頂上にあります。

40m四方に散在する巨石群で神の磐座とする古代祭祀遺跡です。

IMG_8969.JPG

平成元年に発掘調査が行われて4世紀から平安時代に至る祭祀遺跡であることが確認されました。

手こね土器や鉄鉾、勾玉など祭祀に使われた遺物が出土しました。

IMG_8970.JPG

巨石が林立する様子は厳かな雰囲気を感じます。

今でいうパワースポットです。

二宮神社 [神社]

二宮神社は井伊谷城(静岡浜松市)の麓にあります。

IMG_8928.JPG

大河ドラマに伴い建てられた新しい看板です。

井伊家にかかわる多道間守(橘の家紋)と宗良親王が祭られています。

宗良親王は「二宮」と呼ばれたために二宮神社と言われます。

IMG_8929.JPG

社殿です。

多道間守は井伊郷の荘司三宅氏の始祖です。

多道間守は第11代垂仁天皇の勅諚に応えて常世の国から我が国に橘を将来しました。

井伊氏はこの神社の橘紋を家紋としました。

南北朝時代には井伊氏は後醍醐天皇の皇子宗良親王に味方しました。

IMG_8930.JPG

二宮神社の御由緒です。