So-net無料ブログ作成
四方山話 ブログトップ
前の10件 | -

四日市市のマンホール [四方山話]

最近は、マンホール女子なることばもあるほど一部ではマンホールが密かなブームになっています。

確かに最近ではデザインされたカラフルなマンホールもあります。


三重県四日市市のマンホールです。

IMG_9734.JPG

四日市市の花となっているサルビアがデザインされています。

IMG_9735.JPG

四日市市と友好姉妹都市のロングビーチ市、シドニー市及び天津市の代表的な動物等をデザインしたものです。

コアラとパンダなどがデザインされています。

IMG_9736.JPG

「東海道五十三次」宿場町「三重川」の図をデザインしたものです。

四日市市のマンホールはカラフルで面白いです。

けんせいの柏餅 [四方山話]

端午の節句です。

けんせいの柏餅です。

毎年端午の節句にはこの柏餅を食べるのが恒例になっています。

このけんせいの柏餅は、茶色です。

たかきびという植物を使っています。

m_DSC_2201.jpg

たかきびは、血液をサラサラにする効果もあるそうです。

買ったのはいつも買っている下記のお店です。

発売元
清香軒
愛知県岡崎市羽根町若宮17-16
℡ 0564-51-0390

哲学の道の桜 [四方山話]

京都の桜です。

満開でした。

IMG_0139.JPG

右の山は大文字山です。

天気も良くにぎわっていました。

IMG_0138.JPG

銀閣寺に続く道です。

桜が見事です。

IMG_0241.JPG

哲学の道は、銀閣寺から南禅寺の近くの熊野若王子神社付近までの疎水路添いの道です。

京都大学の哲学者西田幾多郎らがこの道を歩きながら思索したり瞑想したことからその名が付きました。

哲学の道沿いには、法然院、安楽寺、霊鑑寺など見どころもたくさんです。

懐かしの車、写生大会 [四方山話]

安城市歴史博物館で懐かしの車の写生大会がありました。

IMG_9523.JPG

トヨタのパプリカです。

昭和43年製です。

排気量800㏄。

IMG_9526.JPG

スバル360です。

富士重工業。昭和38年。

排気量360㏄。

IMG_9528.JPG

ミゼット。

ダイハツ工業。

IMG_9533.JPG

マツダのキャロルです。

昭和45年製。

360㏄。

IMG_9534.JPG

愛知機械工業のグッピーです。

昭和37年製。

199㏄。

IMG_9539.JPG

マツダのポーターです。

昭和48年製。

360㏄。

いやー、懐かしい車ばかりですね。

しかも驚いたことにすべて現役なのです。

今でも走ります。

持ち主さんの愛情と丁寧なメンテナンスを感じます。

伊賀まんじゅう [四方山話]

今日は3月3日、ひな祭りです。

IMG_20170213_192121.jpg

愛知県の中部ではひな祭りに伊賀まんじゅうを食します。

まんじゅうに色を付けた米を載せたものです。


大雪 [四方山話]

今日は名古屋でも今年初めての雪でした。

天気予報では数年に一度の大雪と不安を煽っていたいたけど、また気象庁が保険のために大袈裟に言っているのだろうと思っていた。

早朝は南の空は青空が見えていたけど、次第に雪となって思ったより降った。

今日は仕事だったけど、大雪になる前に会社に着くことが出来てよかったけど、今晩凍ると明日の朝の路面状態が心配。

早起きしないといけないので、ブログの更新はこれくらいで。

小田原城の記事は明日アップします。

IMG_20170115_091433.jpg

謹賀新年 [四方山話]

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は当ブログにご訪問いただき、ありがとうございました。

今年もお城や鉄道、神社やお寺、名古屋城本丸御殿の情報をアップしたいと思いますので、かわらぬご愛顧よろしくお願いします。

IMG_8428.JPG

名古屋城の本丸西南隅櫓と天守

IMG_8369.JPG

本丸御殿玄関です。

道頓堀 [四方山話]

三津寺砦に行った後に道頓堀に行きました。

IMG_7127.JPG

道頓堀のシンボル

グリコの看板。

大きいです。

ビル一面の目立つ看板、さすが大阪です。

IMG_7128.JPG

道頓堀です。

道頓堀は、江戸の初期に安井道頓が新川奉行となって開削しました。

安井道頓は大坂の陣で戦死したために従弟の安井九兵衛道卜などが引き継ぎ完成ました。

のちに大坂城主の松平忠明が道頓の死を追悼して、「道頓堀」と命名したそうです。

両側に粉もの屋さんが並んでいます。

食い倒れの町です。

お好み焼きを食べて帰りました。

岩瀬文庫企画展「越境する絵ものがたり」 [四方山話]

西尾市岩瀬文庫の企画展「越境する絵ものがたり」に行って来ました。

IMG_20160909_174024.jpg

一階から二階に登る大階段を登ると岩瀬文庫には珍しく顔出し看板がありました。

神代物語の鰐に乗る彦火々出見尊です。

神代物語は『日本書紀』にも語られる海幸・山幸の神話です。

IMG_20160909_174421.jpg

今回は、岩瀬文庫の蔵書だけではなく、研究者の個人の蔵書も展示されています。

初公開の本も多くあります。

美しい奈良絵本が多く展示されていて、目で楽しめる展示になっています。

絵ものがたりを“越境”という角度から読み解きます。

ファンタスティックでダイナミックな絵ものがたり文芸の世界を楽しめます。

展示されている絵ものがたりは下記のとおりです。

『神代物語』
『釈迦並観音縁起』
『釈迦の本地』
『観音の本地』
『愛宕地蔵の物語』
『住吉物語』
『狭衣』
『児今参り』
『満仲』
『中将姫』
『義経記』
『浄瑠璃姫物語』
『天狗の内裏』
『酒呑童子』
『酒呑童子絵巻粉本』
『岩竹』
『かなわ』
『賢学草子』
『狐草子』
『雀の発心』
『えんがく』
『人間一代戯画』
『花鳥風月』
『祇王』
『大原御幸の草子』
『鉢かづき』


企画展「越境する絵ものがたり」
2016年9月10日(土)~11月6日(日)
西尾市岩瀬文庫
〒445-0847 
愛知県西尾市亀沢町480
℡0563-56-2459


なお、9月17-18日に岩瀬文庫で企画展に関するフォーラムが開催されます。

研究フォーラム「越境する絵ものがたり」
場所:地階研修ホール
総合司会:石川透コメンテーター:阿部泰郎
9月17日(土)午後1時~午後4時30分
◎講演:高橋亨氏(椙山女学園大学教授)「源氏の物語としての酒呑童子と王朝物語」
○展覧会を楽しむ―「越境」
ワンポイント講座 阿部美香 筒井早苗 藤井奈都子 瀧澤彩
○研究報告舩田淳一「『愛宕地蔵物語』の宗教思想」鹿谷祐子「『人間一代戯画』について」
9月18日(日)
◎オープンレクチャー:小林健二(国文学研究資料館教授)「神代物語の兄弟現る!」
◎講演:齋藤真麻理(国文学研究資料館教授)「姫君の育て方―御伽草子点景―」
○特集「児今参り」研究報告―新発見の白描絵巻をめぐって江口啓子 鹿谷祐子 服部友香 末松美咲
共催 名古屋大学人類文化遺産テクスト学センター 
   国文学研究資料館

大相撲名古屋場所 [四方山話]

今日は相撲観戦

名古屋場所に行ってきました。

IMG_20160711_133151.jpg

近くで見ると迫力満点です。

今日は上位陣安泰でした。

稀勢の里頑張ってほしい。
前の10件 | - 四方山話 ブログトップ