So-net無料ブログ作成
検索選択
名古屋城本丸御殿復元工事 ブログトップ
前の10件 | -

名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成29年5月中旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_0785.JPG

上洛殿です。

破風の漆の養生はまだ続きます。

IMG_0788.JPG

湯殿書院の建て方が始まりました。

IMG_0789.JPG

湯殿書院(左)と黒木書院(右上)です。

湯殿書院と上洛殿を結ぶ廊下も作られています。

IMG_0792.JPG

黒木書院です。

屋根工事は進んでいます。

IMG_0786.JPG

第三期工事の平面図です。

今年度の本丸御殿の工程です。

平成29年4~6月
洛殿は、内部造作工事を行います。
上御膳所は、内部造作工事、壁左官工事を行います。
黒木書院は、建方を行います。

7~9月
上洛殿は、内部造作工事を行います。
上御膳所は、壁左官工事を行います。
黒木書院は、内部造作工事、屋根工事、壁左官工事を行います。
湯殿書院は、建方、屋根工事、壁左官工事を行います。

10~12月
上洛殿は、内部造作工事を行います。
上御膳所は、内部造作工事、壁左官工事を行います。
黒木書院は、内部造作工事、壁左官工事を行います。
湯殿書院は、内部造作工事、壁左官工事を行います。
素屋根撤去工事を行います。

1~3月
上洛殿、上御膳所、黒木書院、湯殿書院の最終仕上げ工事を行います。
外構工事を行います。

今年度が工事の最終年度です。

来年度の春には完全公開です。

IMG_0784.JPG

本丸御殿の現場見学会が5月26日にあります。

IMG_0793.JPG

名古屋城の天守です。

河村市長が再選されて天守の木造再建が現実味を帯びてきました。

しかし、500億円という巨額の費用と木材の調達など問題は山積です。

さらに文化庁が国の特別史跡である名古屋城の工事について、今の名古屋市の案では許可がだせないらしいです。

あまりの稚拙な工事の期間の短さと調査の不十分さに対して、大学教授などの専門家は反対しています。

私も天守の木造再建には賛成ですが、あまりの拙速な工期には賛成できません。


名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成29年4月中旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_0359.JPG

上洛殿です。

覆いは破風に塗られた漆を養生するためです。

IMG_0360.JPG

黒木書院です。

屋根の小屋組みが進んでいます。

IMG_0366.JPG

湯殿書院の建設予定地です。

礎石の上に基礎の柱が置かれています。

IMG_0364.JPG

湯殿書院のアップです。

IMG_0367.JPG

第三期工事の平面図です。

上洛殿、上御膳所、黒木書院、湯殿書院です。

IMG_0371.JPG

上洛殿の間取りです。

IMG_0368.JPG

黒木書院の間取り図です。

黒木書院は本丸御殿の中で最も小さな建物です。

IMG_0369.JPG

湯殿書院の間取り図です。

201306_01.gif

本丸御殿全体の図面です。

第三期工事の完成は平成30年度春です。

名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成29年3月下旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_9564.JPG

左が上洛殿です。

破風板が漆の養生のためカバーがされています。

IMG_9566.JPG

上洛殿の屋根です。

杮葺の工事は終わっています。

IMG_9568.JPG

同じく上洛殿です。

きれいに杮が葺かれています。

IMG_9567.JPG

上洛殿の屋根です。

覆いは養生のためです。

IMG_9574.JPG

破風板はこのように黒漆仕上げになるので養生しています。

IMG_9569.JPG

黒木書院です。

屋根の軒の部分ができてきました。

見学通路からは遠いので、わかりにくいです。

IMG_9571.JPG

湯殿書院の建設予定地です。

まだ礎石が置かれているだけです。

建て方は来月でしょうか。

IMG_9565.JPG

第三期工事の平面図です。

上洛殿、上御膳所、黒木書院、湯殿書院が建てられます。

IMG_9579.JPG

西の丸から見た天守です。

西の丸は発掘調査しているので、樹が切られているのでこのアングルで見れるのは珍しいです。

IMG_9576.JPG

天守は耐震が弱いので東海地震で倒壊する危険があるのでそのむ注意が書かれています。

名古屋市議会の3月定例会で天守の木造再建の予算が可決されました。

木造再建が本格的に動き出しました。

IMG_9582.JPG

名古屋城の彼岸桜です。

染井吉野はまだ咲いていません。

名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成29年2月上旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_9468.JPG

上洛殿の屋根の杮噴き工事が始まりました。

この日は作業はお休みでした。

IMG_9474.JPG

屋根のアップです。

1枚30センチほどの大きさの杮を竹釘で一枚一枚打ち付けていきます。

気の遠くなるような作業です。

IMG_9470.JPG

黒木書院の建設予定地です。

建て方が始まり、柱が建てられていますが、先月とあまり進展が見えません。

屋根の小屋組みはまだです。

IMG_9469.JPG

湯殿書院の建設予定地です。

礎石が置かれているだけです。

建て方は4月以降でしょうか。

IMG_9473.JPG

上洛殿の屋根です。

鬼瓦が絵で描かれて置かれていました。

IMG_9477.JPG

第3期工事の平面図です。

IMG_9478.JPG

上洛殿の古写真です。

本丸御殿の中では最も豪華な建物でした。

完成が楽しみです。

IMG_9482.JPG

この日は孔雀の間でさつき展が開かれていたので、中を見ることができました。

IMG_9485.JPG

孔雀の間の奥には、柳の間、上台所などの部屋がありましたが、職員の休憩室やトイレ、会議室に使われるので非公開エリアになります。

上台所の一部はミュージアムショップになっています。

IMG_9489.JPG

名古屋城大天守ではスターウォーズ展が開催されています。

記念撮影コーナーです。

ダークペーターと撮影できます。

IMG_9490.JPG

天守内はスターウォーズに占拠されています。

IMG_9492.JPG

西の丸では発掘調査が行われています。

西の丸に本丸御殿の障壁画の収蔵庫を作るための調査です。

名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成29年2月中旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_9434.JPG

上洛殿です。

破風板の取り付けが行われています。

IMG_9436.JPG

上洛殿の屋根の状況です。

南側はあまり変化がありませんが、北側は杮葺き工事が進んでいます。

IMG_9438.JPG

黒書院です。

建方が始まりました。

遠くてわかりにくいですが、柱が建てられています。

IMG_9437.JPG

湯殿書院の予定地です。

加工された木材が並んでいます。

黒書院に使う木材でしょうか。

IMG_9435.JPG

第3期工事の平面図です。

湯殿書院の建方が始まればすべての建物の形が見えてきます。

完成は平成30年の春です。

総工費は約150億円の大事業です。

IMG_9441.JPG

本丸御殿台所と大小天守です。

IMG_9449.JPG

名古屋城天守閣で今週16日からスターウォーズ展が始まります。

なぜ名古屋城でスターウォーズなのでしょうか?

IMG_9433.JPG

いつもの展示以上に宣伝に力が入っていました。

入場料1600円です。

名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成29年1月下旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_8897.JPG

上洛殿の屋根です。

杮葺きの準備が進んでいます。

IMG_8898.JPG

上御膳所の屋根工事が進んでいます。

杮葺きの作業をやっていました。

IMG_8900.JPG

少し遠くてわかりにくいですが、黒木書院の足場が組まれていました。

IMG_8901.JPG

湯殿書院の予定地はまだ木材が置かれた状態です。

IMG_8896.JPG

第三期工事の平面図です。

201306_01.gif

本丸御殿全体の平面図です。

左隅が三期工事です。

IMG_8903.JPG

第二期工事で完成した台所です。

台所だけは屋根の一部が本瓦葺きになっています。

後に見えるのは小天守です。

IMG_8905.JPG

名古屋城の古写真です。

本丸表門です。

後に天守の一部が見えます。

本丸は塁線の全体を多聞櫓が巡っていました。

明治以降も残っていましたが濃尾地震で倒壊してしまいました。

その後は本丸表門の高麗門と櫓門のみが残っていましたが、太平洋戦争で櫓門は焼失してしまいました。

IMG_8906.JPG

現在の本丸表門です。

高麗門と土塀のみなので淋しいです。

天守の木造再建よりも失われた門や多聞櫓の復元をして欲しいです。

復元すれば名古屋城の堅牢さが実感できると思います。

名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成29年1月上旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_8863.JPG

上洛殿の屋根工事の様子です。

お正月は工事が休みだったので、実質的にはほとんど変わっていません。

IMG_8864.JPG

湯殿書院の予定地です。

こちらも変わっていません。

IMG_8867.JPG

見学通路です。

工事現場なのでヘルメット着用です。

土日祝日と水曜日が公開日です。

IMG_8862.JPG

3期工事の平面図です。

建方が終わっていないのは、湯殿書院と黒書院のみです。

予定では今月が建方のようです。

IMG_8868.JPG

先月、假屋崎省吾の生け花展で公開されていた孔雀の間と柳の間への戸は塞がれていました。

やはりイベント時などの特別な時にのみ公開のようです。

名古屋城本丸御殿復元工事の現況 平成28年12月下旬 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_8422.JPG

上洛殿です。

杮葺きはまだ半分ほどです。

IMG_8420.JPG

湯殿書院の予定地です。

木材が置かれていますが、建方のものでしょうか。

IMG_8421.JPG

黒木書院の予定地です。

まだ目立った変化はありません。

IMG_8417.JPG

第三期工事の平面図です。

IMG_8423.JPG

上洛殿の間取図です。

多くの部屋があります。

IMG_8408.JPG

本丸御殿では假屋崎省吾の世界展を開催中です。

対面所の納戸の間です。

IMG_8409.JPG

名古屋友禅も飾られています。

本丸御殿玄関の虎の図がデザインされています。

IMG_8410.JPG

先日公開された孔雀之間の床の間です。

よく見ると床の間の天井にエアコンの吹き出し口があります。

IMG_8411.JPG

孔雀之間の天井です。

天井の隅にエアコンの吹き出し口、また照明が付けられています。

この孔雀之間は今は假屋崎省吾のグッズが売られていますが、今後もこのような使われ方をするようです。

IMG_8413.JPG

孔雀之間の様子です。

IMG_8412.JPG

孔雀之間の引手金具です。

名古屋城本丸御殿復元工事 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿復元工事の現況です。

IMG_8386.JPG

孔雀之間が公開されました。

本丸御殿では「百花絢爛in名古屋城 華道家假屋崎省吾の世界展」を開催していて、孔雀の間は假屋崎省吾氏のグッズを販売していました。

グッズを買った人はサイン会に参加できるようでした。

背後は床の間です。

IMG_8387.JPG

本丸御殿の部屋は忠実に復元されているので天井に照明はありませんが、孔雀之間は照明が付けられています。

天井は竿縁天井です。

IMG_8396.JPG

孔雀の間の表示です。

IMG_8388.JPG

床の間には花が活けられています。

床の間には何も描かれていません。

本丸御殿は多くの写真や実測図が残されていますが、孔雀の間の写真は見たことありません。

孔雀の間というので、てっきり孔雀が描かれていると思っていましたが、何も描かれていないのは資料がないのか、本当に何も描かれていなかったのかわかりません。

IMG_8391.JPG

釘隠しです。

IMG_8389.JPG

孔雀の間です。

部屋全体が装飾されていないので、地味に感じます。

今後はこのような使い方をするのでしょうか。

IMG_8390.JPG

障子です。

IMG_8398.JPG

孔雀の間の前の廊下です。

IMG_8404.JPG

本丸御殿の台所付近の図です。

孔雀の間の奥は台所がありましたが、計画では職員の休憩室とミュージアムショップになります。

IMG_8397.JPG

左が孔雀之間です。

IMG_8394.JPG

廊下の奥がミュージアムショップになります。

非公開エリアなので薄暗いです。

左が台所ですが、事務室や職員の休憩室となります。

本丸御殿は資料が豊富に残り、忠実な復元ができるので、休憩室などが必要なことは理解できますが、折角なので台所や孔雀之間も忠実に復元して欲しかったです。

孔雀の間の公開で、第二期工事でまだ公開されていないのは梅之間と鷺之廊下のみです。

梅之間は障壁画の復元模写が遅れているとのことでしたが、3月までには公開されるのでしょうか。

名古屋市からはまだ情報はありませんし、本丸御殿の職員に聞いても聞いていないのでわからないというだけでした。

IMG_8395.JPG

廊下から見た孔雀之間の隣の部屋です。

指図で見ると14畳ほどの細長い部屋です。

IMG_8399.JPG

孔雀之間の障子です。

孔雀之間と梅之間の間には坪庭があったようです。

今は素屋根があるので全体に薄暗いですが、屋根が外されると明るくなるのではないかと思います。

とにかく次の公開(梅之間など)が楽しみです。

名古屋城本丸御殿 華道家假屋崎省吾の世界展 [名古屋城本丸御殿復元工事]

名古屋城本丸御殿で百花絢爛in名古屋城 華道家假屋崎省吾の世界展が開催されています。

IMG_8369.JPG

本丸御殿の玄関です。

まずは玄関で生け花が迎えます。

IMG_8371.JPG

アップです。

IMG_8372.JPG

玄関二之間です。

大きな花が飾られています。

IMG_8377.JPG

玄関の廊下です。

花と一緒に友禅も飾られています。

IMG_8379.JPG

表書院の二之間です。

一つ一つの花材が大きいので迫力あります。

IMG_8380.JPG

同じく二之間です。

IMG_8381.JPG

表書院の廊下です。

照明の行燈も風流なものに替えられています。

IMG_8382.JPG

同じく行燈。

IMG_8383.JPG

表書院の裏廊下です。

幻想的です。

IMG_8384.JPG

納戸一之間の展示です。

生け花と友禅です。

本丸御殿でアートな雰囲気に浸れました。

IMG_8376.JPG

「百花絢爛in名古屋城 華道家假屋崎省吾の世界展」は、12月25日(日)まで開催していますので、見に行かれてはどうでしょうか。

IMG_8375.JPG

假屋崎省吾氏は華道家、1958年生まれ。早稲田大学文学部卒業。24歳で草月流に入門

クリントン大統領来日や今上天皇陛下在位10周年記念式典の花の総合プロデュースなどで活躍。

前の10件 | - 名古屋城本丸御殿復元工事 ブログトップ