So-net無料ブログ作成
検索選択
お城踏査 ブログトップ
前の10件 | -

西尾城@愛知県西尾市 [お城踏査]

西尾城は愛知県西尾市にある近世城郭です。

IMG_8703.JPG

本丸の丑寅櫓です。

三重櫓です。

木造で復元されたものです。

IMG_8698.JPG

樹が伐採されたので見やすくなりました。

IMG_8690.JPG

下から丑寅櫓がよく見えます。

IMG_8701.JPG

本丸の石垣です。

表門の脇です。

IMG_8706.JPG

二の丸の鍮石門です。

二の丸の正門です。

IMG_8712.JPG

二の丸の丑寅櫓の石垣です。

復元されたものです。

IMG_8705.JPG

姫丸門の跡です。

石碑のみです。

IMG_8707.JPG

西尾市歴史公園の案内図です。

長浜城 その6 [お城踏査]

長浜城の続きです。

IMG_8666.JPG

長浜城の麓のガイダンス広場に再現された安宅船の実物大模型

近くの車と比べるとその大きさがわかります。

IMG_8665.JPG

安宅船の説明です。

全長24m、幅約10mの大きさです。

IMG_8668.JPG

竪堀の説明です。

一曲輪の下より伸びていますが、ブッシュでよくわかりません。

IMG_8669.JPG

竪堀のイメージ図です。

IMG_8671.JPG

近くで見る安宅船です。

かなり大きいです。

IMG_8674.JPG

安宅船の模型の写真です。

戦国・江戸時代の軍艦です。

IMG_8672.JPG

現在地とあるのが安宅船のある位置です。

かつてはここも海で港でした。

田久留輪と言われていたようです。

長浜城は城山と呼ばれていました。

IMG_8675.JPG

長浜城は北条水軍の基地でした。

韮山城を守るためでもありました。

IMG_8676.JPG

長浜城の近くで天正8年に武田水軍と北条水軍との戦いがありました。

どちらが勝ったかはわかりません。

IMG_8677.JPG

北条氏の水軍の大将は梶原景宗でした。

梶原氏はもともとは紀州の海賊でしたが、北条氏に雇われていました。

梶原氏は大型軍船の建造と運用の専門家で、江戸湾での里見水軍との戦いでも戦果を挙げていました。

その功績で武田水軍に対抗するために長浜城に配置されました。

IMG_8680.JPG

ガイダンス施設にある発掘調査で見つかった石積です。

これはレプリカで本物はこの地下2mに埋まっています。

IMG_8684.JPG

長浜城の立体模型です。

わかりやすいです。

IMG_8683.JPG

長浜城の遠景です。

海に突き出している様子がわかります。

(終わり)

長浜城 その5 [お城踏査]

まだまだ続きます、長浜城

IMG_8657.JPG

一曲輪から海に向かう途中に腰曲輪が4段あります。

IMG_8658.JPG

説明です。

腰曲輪は発掘調査の結果、柱の跡は見つかりましたが、遺物はありませんでした。

IMG_8660.JPG

下から見上げた腰曲輪です。

IMG_8661.JPG

海の岩礁です。

船を係留した跡が残っています。

IMG_8662.JPG

今もヨットの渓流に使われています。

今の柱は新しいものですが、中世もこのような形だったのでしょうね。

IMG_8663.JPG

岩盤を削り込んで平場を作っています。

船の施設があったのではないでしょうか。

(続く)

長浜城 その4 [お城踏査]

長浜城の続きです。

IMG_8642.JPG

いよいよ第一曲輪です。

近世城郭風に言うと本丸です。

柱は虎口を表します。

IMG_8643.JPG

説明です。

柱は塀と虎口を表します。

IMG_8644.JPG

虎口部分のアップです。

門を入ると塀に囲まれた空間に入り、どう曲輪につながるのでしょうか。

IMG_8645.JPG

奥の二本が門、左手が土塁です。

IMG_8646.JPG

一曲輪から見降ろした二曲輪です。

土塁に囲まれた様子がよくわかります。

IMG_8650.JPG

一曲輪から見た二曲輪の櫓です。

櫓の左が二曲輪です。

IMG_8647.JPG

一曲輪から見た湾です。

ヨットが係留されています。

遠くに富士山が見えます。

IMG_8649.JPG

富士山見事です。

(続く)

長浜城 その3 [お城踏査]

長浜城の続きです。

IMG_8631.JPG

第二曲輪です。

短い柱は建物の跡です。

IMG_8633.JPG

掘立柱建物跡の説明です。

2棟の建物がありました。

IMG_8637.JPG

一曲輪と二曲輪の間の堀です。

安山岩を掘りぬいて堀にしています。

IMG_8635.JPG

堀の説明です。

幅3m、深さ1.6mです。

IMG_8636.JPG

櫓です。

二曲輪の隅に2間四方の柱穴が見つかりました。

IMG_8639.JPG

櫓の説明です。

三回建て直されていました。

同じ場所に建て直されていたということはここでなくてはならない理由がありました。

IMG_8640.JPG

柱穴の発掘成果図です。

IMG_8638.JPG

この櫓は二曲輪から一曲輪への通路を兼ねていた櫓と推定されます。

今回の整備ではそれを踏まえて復元されました。

二曲輪から階段で入り、二階に登り、そこから一曲輪へ渡りました。

説明板が親切丁寧でわかりやすいです。

(続く)

長浜城 その2 [お城踏査]

長浜城の続きです。

長浜城と言えば、やはり滋賀県の長浜城を思い出す人がほとんどのようですね。

静岡沼津市の長浜城です。

IMG_8621.JPG

第四曲輪です。

先端部に土塁があります。

IMG_8622.JPG

堀切です。

三曲輪と四曲輪の間の堀切です。

IMG_8624.JPG

三曲輪と二曲輪の間の堀切です。

ここは虎口と跳ね橋がありました。

門の位置を擬木で表現しています。

IMG_8625.JPG

虎口の部分の図です。

跳ね橋の使い方がよく分かりません。

IMG_8623.JPG

説明です。

IMG_8626.JPG

三曲輪です。

中に弁財天が祀られていました。

IMG_8627.JPG

三曲輪の説明です。

発掘調査で掘立柱建物が見つかっています。

IMG_8628.JPG

説明は図が多くてわかりやすいです。

(続く)

長浜城@静岡県沼津市 [お城踏査]

長浜城は静岡沼津市内浦重須にあった中世城郭です。

IMG_8615.JPG

長浜城は国指定史跡です。

昭和63年に指定されました。

近年きれいに整備されたので行って来ました。

IMG_8616.JPG

説明が親切で豊富です。

模型や地図、測量図など図が豊富でわかりやすいです。

IMG_8617.JPG

長浜城の位置図です。

駿河湾の中の内浦湾に突き出した小さな半島に築かれています。

後北条氏の水軍の城です。

後北条氏の水軍根拠地である重須湊を守るために築かれています。


IMG_8614.JPG

長浜城の模型です。

海に突き出ている様子がよくわかります。

IMG_8613.JPG

鳥瞰図です。

曲輪の周りに土塁が築かれていることがわかります。

土塁は曲輪の片側にのみ築かれています。

IMG_8612.JPG


測量図です。

全山が曲輪となり要害化されている様子がわかります。

発掘調査も行われていることもわかります。

IMG_8618.JPG

石碑です。

後北条氏の家紋が入れられています。

IMG_8619.JPG

いよいよ城跡に登ります。

IMG_8620.JPG

途中から眺めた駿河湾です。

今もヨットが係留されています。

(続く)

山中城 その4 [お城踏査]

山中城の続きです。

IMG_8600.JPG

山中城の入り口にある石碑です。

IMG_8601.JPG

旧東海道の石畳です。

山中城の中を通っています。

IMG_8603.JPG

袋崎出丸です。

旧東海道を挟んで南側に出丸が築かれています。

出丸とは言ってもかなり広い曲輪です。

IMG_8604.JPG

説明です。

IMG_8606.JPG

出丸の堀です。

障子堀になっています。

障子堀は後北条氏の築城技術と言われますが、近年では、他の地区でも使われていることがわかっています。

豊臣氏の大坂城でも使われていました。

IMG_8608.JPG

出丸の先端はすり鉢状になっています。

珍しい形態です。

IMG_8609.JPG

出丸の堀です。

芝生が法面に貼られていますが、底の部分ははがれています。

IMG_8611.JPG

山中城は日本100名城です。

山中城は、中世城郭ですが、よく整備されていて、土の城を見るには最適です。

山城ですが、駐車場から近く、説明板も多くて、とても見やすい城です。

お城の初心者が行くにはお勧めです。

(終わり)

山中城 その3 [お城踏査]

山中城の続きです。

IMG_8581.JPG

本丸跡の説明です。

標高578m、山中城の中心です。

IMG_8589.JPG

本丸の最高所にある天守櫓の跡です。

IMG_8588.JPG

説明です。

説明によると一辺7.5mの基壇がありました。

かく乱されていて、礎石は確認できませんでした。

近世城郭のような天守ではなかったようですが、大櫓が建てられていたようです。

IMG_8597.JPG

本丸です。

本丸は階段状に郭が並んでいます。

IMG_8596.JPG

このような平場の郭です。

山中城の他の地区の郭とは縄張りが異なっています。

IMG_8590.JPG

本丸と北の丸を結ぶ橋です。

IMG_8591.JPG

本丸と北の丸の間の堀です。

ここはまだ整備されていない状態です。

IMG_8595.JPG

北の丸です。

郭の内部は整備されています。

土塁は新たに積まれたものです。

(続く)

山中城 その2 [お城踏査]

山中城の続きです。

IMG_8573.JPG

二の丸の虎口です。

堀には橋が架けられ、隣には櫓台があり横矢を掛けています。

IMG_8574.JPG

正面から見た二の丸の虎口です。

左手の櫓台が高く聳えています。

IMG_8585.JPG

二の丸の堀です。

これも障子堀です。

IMG_8578.JPG

二の丸虎口の説明です。

看板が経年劣化により薄くなり、読みにくくなっています。

IMG_8579.JPG

二の丸虎口から見た橋です。

虎口が桝形になっていることがわかります。

IMG_8583.JPG

本丸の虎口と橋です。

橋の架かる部分は堀が浅いです。

IMG_8584.JPG

橋から見た本丸です。

本丸の虎口は平入りです。

山中城は本丸など中心部に行くほどなぜか虎口が簡単になっています。

IMG_8585.JPG

本丸の堀です。

同じく障子堀です。

堀の法面はシャープです。

落ちたらとても這い上がれません。

IMG_8581.JPG

本丸堀の説明です。

(続く)


前の10件 | - お城踏査 ブログトップ