So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

沼田城 その4 [お城踏査]

沼田城の続きです。

IMG_1653.JPG

本丸跡の石碑です。

公園となり城跡らしさはありません。

IMG_1654.JPG

本丸御門跡です。

こちらも堀が埋められて跡形もありません。

IMG_1662.JPG

天守跡です。

石碑のみです。

IMG_1658.JPG

天守台です。

盛り土のみで遺構はありません。

IMG_1661.JPG

天守の再建のために天守台を発掘調査しましたが、石垣は発見できなかったそうです。

石垣の下部まで徹底的に破壊されたようです。

IMG_1655.JPG

平成27年に本丸の堀を発掘すると150センチほどの石垣と瓦が大量に見つかりました。

石垣は上部をかなり破壊されたようです。



ブログの容量を超えてしまいました。

続きは山城踏査日記Ⅲで。


(続く)
nice!(86)  コメント(4) 

沼田城 その3 [お城踏査]

沼田城の続きです。

IMG_1643.JPG

沼田城内にある観光案内所にある沼田城天守のペーパークラフトです。

一重目にある千鳥破風の位置が不自然です。

IMG_1647.JPG

別の沼田城の模型です。

天守台は大きいので、土間が作られています。

IMG_1650.JPG

別のアングルです。

多くの千鳥破風と唐破風があります。

鯱は金鯱です。

IMG_1645.JPG

沼田城本丸の模型です。

五重の天守と三重櫓である巽櫓が並び立ちます。

櫓門の両サイドに天守と三重櫓があり、威容を誇っています。

IMG_1646.JPG

天守の前には馬出曲輪があります。

そこにも三重櫓がありました。

硝煙櫓でした。

IMG_1648.JPG

沼田城の範囲を地形図に示したものです。

(続く)
nice!(49)  コメント(3) 

沼田城 その2 [お城踏査]

沼田城の続きです。

IMG_1637.JPG

看板です。

城跡に入るとすぐにあります。

IMG_1638.JPG

説明です。

歴史が書かれています。

IMG_1639.JPG

沼田城の石碑です。

碑としては珍しい形です。

IMG_1640.JPG

沼田城跡は公園になっています。

IMG_1642.JPG

堀跡はテニスコートになっています。

(続く)
nice!(44)  コメント(1) 

沼田城@群馬県沼田市 [お城踏査]

沼田城は群馬県沼田市にあった近世城郭です。

IMG_1629.JPG

沼田城も一昨年放送の真田丸にて有名になりました。

沼田城は、室町時代の後半の天文初期頃、沼田顕泰が築城しました。

永禄3年(1560)に上杉謙信に攻略されますが、謙信の死後は、北条氏政が支配します。

天正8年に真田昌幸が入ります。

天正10年、武田氏が滅亡すると、織田信長の家臣の滝川一益の支配下となり、甥の滝川儀太夫益氏が沼田城に入入りますが、すぐに起きた本能寺の変により滝川一益は伊勢へ戻ります。

すると再び真田昌幸が入ります。

真田昌幸は嫡子・信之を沼田城に入れました。

天正17年、豊臣秀吉は、沼田城を北条氏に渡すことを真田昌幸に求めます。

しかし、北条氏は沼田城だけではなく、名胡桃城を欲しがり、攻め落としたために秀吉の怒りを買い、小田原の役につながりました。

北条氏滅亡後は、沼田城は再び真田信之の城となります。

関ヶ原合戦では沼田城の真田信之は徳川家康に味方します。

上田城の真田昌幸と信繁は西軍に属したために没収されて、信之は、上田城と沼田城を領有しました。

このころ、信之が沼田城に五重の天守を築きました。

真田氏が松代に移ると沼田城は分家の真田氏が領有しますが、藩政の乱れにより取り潰されて、沼田城も廃城となります。

江戸の中期に本多氏が2万石で再び沼田城を再興しますが、天守は築かれず、本格的な城は築かれませんでした。

IMG_1636.JPG

沼田城の入り口です。

門は冠木門で模擬門です。

IMG_1633.JPG

三の丸跡です。

侍屋敷がありました。

IMG_1634.JPG

三の丸の土塁です。

部分的に残っています。

IMG_1635.JPG

三の丸の堀跡です。

道路になっています。

(続く)
nice!(58)  コメント(2) 

織豊期城郭研究会2018特別研究集会in佐和山城「徹底追及!豊臣の城からみた佐和山城」 [お城情報]

お城のイベントの案内です。


織豊期城郭研究会2018特別研究集会in佐和山城「徹底追及!豊臣の城からみた佐和山城」
日 時 2018年3月3日(土)~4日(日) 13時~16時30分
場 所 鳥居本地区公民館(滋賀県彦根市鳥居本2)
定 員 100名
参加費 
内 容
登壇予定
中井均
太田浩司
下高大輔
市川創
十文字健
小谷徳彦
古川匠
乗岡実
奥井智子
田附清子
問合せ
佐和山城研究会
nice!(45)  コメント(1) 

お台場シンポジウム2018「開国後の大阪湾とお台場」 [お城情報]

お城ではありませんが、お台場のシンポジウムです。

お台場の広義の軍事施設と言う範疇ではお城に含まれるのかな。



お台場シンポジウム2018「開国後の大阪湾とお台場」
日 時 2018年3月4日(日) 13時~16時30分
場 所 堺市博物館(大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2)
定 員 100名
参加費 1000円(申込不要)
内 容

講演1「開港後の大阪湾と台場」後藤敦史氏(京都橘大学准教授)

講演2「堺事件と堺台場」白神典之氏(堺市博物館)

座談会「開港後の大阪湾と堺台場」司会:小林和美氏(堺市文化財課)
問合せ
大阪湾お台場シンポジウム実行委員会・堺台場研究会(山本)
℡090-3840-9217

nice!(54)  コメント(1) 

名胡桃城 その7 [お城踏査]

名胡桃城の続きです。

IMG_1604.JPG

本郭の先端がささ郭です。

深い堀を隔てています。

本郭から見たささ郭です。

今を安全のために堀に通路が作られています。

城跡としてはいただけませんが、このように観光地化した城跡には仕方ないのでしょうね。

IMG_1605.JPG

ささ郭の説明です。

土塁を両側に持つ曲輪です。

トレンチ調査が行われ、門跡や石積などが見つかりました。

現在は埋め戻されています。

ささ郭の先には袖郭と物見がありました。

IMG_1606.JPG

発掘調査の写真です。

石積などが見つかりました。

IMG_1609.JPG

ささ郭です。

IMG_1607.JPG


ささ郭からの眺めです。


高い位置にあり、要害地形であることが、よくわかります。

名胡桃城はこのように史上有名な城であり、遺構もよく残り、整備もされています。

交通の便は少し悪いですが、見る価値は十分ありまする

(終わり)

nice!(34)  コメント(2) 

名胡桃城 その6 [お城踏査]

名胡桃城の続きです。

IMG_1598.JPG

いよいよ本郭です。

本郭は全面発掘はされずに部分的にトレンチを入れての調査です。

現在は土塁はありませんが、発掘調査の結果、基底部が見つかっていて、かつては土塁が巡っていました。

両側は川に突き出していて、崩落により大きく崩れています。

かつては今よりも広かったことがわかりました。

IMG_1599.JPG

石碑です。

昭和53年に建てられました。

IMG_1602.JPG

本丸の全景です。

公園になっています。

ここにも石碑があります。

IMG_1603.JPG

なかなか味のある石碑です。

名胡桃城は大正12年に結成された地元の保存会により保存管理されました。

石碑は保存会により建てられ碑文を書いたのは徳富蘇峰でした。

(続く)

nice!(55)  コメント(1) 

名胡桃城 その5 [お城踏査]

名胡桃城の続きです。

IMG_1590.JPG

二郭です。

ほぼ全域が発掘されています。

郭内には多くの建物跡が確認されています。

郭の南北に虎口があります。

共に食い違いになっていて、三郭や本丸より虎口からのみみると上位の郭に見えます。

二郭が実質的な本丸だったようです。

IMG_1591.JPG

二郭の復元イラストです。

建物の中には掘立柱建物ではないしっかりした建物もあり、物見櫓もありました。

IMG_1592.JPG

二郭の北虎口です。

門は柱のみ表現されています。

右は櫓台です。

IMG_1595.JPG

二郭の北虎口の図面です。

橋から入り、土塁にぶつかり、一度左に折れて虎口に入るようになっています。

虎口の隣には櫓台が構えられていて、厳重な構えでした。

IMG_1594.JPG

発掘調査の写真です。

石垣や石積みの排水路も見つかっています。

IMG_1597.JPG

本丸から橋を通して見た二郭の北虎口です。

正面の土塁に当たると左に折れます。

IMG_1596.JPG

北虎口です。

虎口の前には桝形空間があります。

左手に櫓台があり、厳重な構えです。

(続く)
nice!(52)  コメント(3) 

名胡桃城 その4 [お城踏査]

名胡桃城の続きです。

IMG_1574.JPG

二郭の虎口です。

手前の橋は復元です。

後の虎口の門は模擬復元です。

IMG_1577.JPG

虎口です。

枡形虎口まではいきませんが、食い違いになっています。

IMG_1578.JPG

虎口の図です。

カラーで色分けされており、わかりやすいです。

黄色が橋、赤が門です。

虎口が食い違いになっていることがわかります。

紫は建物跡です。

IMG_1582.JPG

二郭の土塁上から見た二郭です。

肌色の舗装は建物跡です。

建物が並んでいた様子がわかります。

IMG_1576.JPG

二郭と三郭の間の堀です。

箱堀です。

IMG_1588.JPG

二郭の土塁です。

底部に石が並んでいます。

土留め用です。

(続く)
nice!(58)  コメント(3) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。