So-net無料ブログ作成

貨物鉄道博物館 その3 [鉄道]

貨物鉄道博物館の続きです。

IMG_9628.JPG

ワ11形11号です。

昭和4年製造です。

新潟県を走っていた蒲原鉄道の10トン積有蓋車です。

有蓋車の側面は鋼板張りが増えてきましたが、この貨物車は木張りでした。

IMG_9629.JPG

ワ1形5490号です。

明治39年製造です。

北越鉄道の7トン積有蓋車でしたが、戦後は近江鉄道に移籍しました。

大正時代に荷重を10トンに増やす改造を受けています。

鋼製の柱に木製の板張りで、引き戸も木製です。

IMG_9630.JPG

ワフ21000形21120号です。

昭和9年製造です。

国鉄初の鋼製有蓋緩急車で、2人乗務用の広い車掌室が特徴です。

2トン積の小さな貨物室は、他の貨物との混載に不向きな鮮魚や貴重品など小口貨物用でした。

昭和52年から岐阜県の西濃鉄道に移籍して、推進運転に用いられました。

IMG_9632.JPG

ワフ21120です。

ワは有蓋車です。

フは緩急車です。

緩急車とは、列車にブレーキを掛ける装置が取り付けられた車両です。

(続く)