So-net無料ブログ作成

津山城 その2 [お城踏査]

津山城の続きです。

津山城は、別名鶴山城です。

慶長8年(1603)に森忠政が18万石で入り、築城します。

森忠政は、森可成の息子で、森可隆、長可、蘭丸、力丸、坊丸の弟です。

忠政は、6人兄弟でしたが、忠政以外の5人は全員戦死しているという正に戦国のすごい兄弟です。

プライベートライアンもびっくりですね。

忠政は77棟の櫓が立ち並ぶ名城を築きました。

IMG_8154.JPG

備中櫓です。

横から見た図です。

IMG_8145.JPG

備中櫓は、平成17年に木造で復元されました。

二重櫓です。

IMG_8113.JPG

内部は見学できます。

狭間が見えます。

IMG_8114.JPG

備中櫓の内部は畳が敷かれていました。

通常の隅櫓は、倉庫などに使われるため、中は板敷が多いのですが、備中櫓は違いました。

津山城の本丸には御殿が建てられていました。

しかし、山上のため狭かったために、櫓を御殿の一部として使いました。

そのために畳が敷かれました。

IMG_8115.JPG

二階の部屋です。

御上段です。

城主の座る特別な間です。

櫓では珍しく天井も張られています。

IMG_8117.JPG

一階の部屋です。

床の間です。

櫓の中に床の間があるのは珍しい。

IMG_8118.JPG

入口付近です。

城内に対しても狭間があります。

IMG_8119.JPG

一部は天井が張られていないので、屋根の小屋組が見れます。

太い梁が使われています。

(続く)