So-net無料ブログ作成
検索選択

足守藩陣屋@岡山県岡山市 [お城踏査]

足守藩陣屋は岡山県岡山市北区足守にあった陣屋です。

IMG_7867.JPG

陣屋入口にある石碑です。

木下家の陣屋です。

木下家定は杉原家定と称していましたが、実妹の寧々が豊臣秀吉の正室だったので、一族に列されました。

秀吉の出世に伴い、木下、羽柴、豊臣姓を許されました。

関ケ原合戦の時には2万5千石の姫路城主でしたが、寧々を守護して中立を守りました。

同じ石高で足守藩に移封されました。

家定が慶長13年に亡くなると長男勝俊と次男利房の二人に遺領を継ぐように命じられましたが、寧々が勝俊一人に相続させようとしたため領地を没収されました。

大坂夏の陣の後に家康に仕えていた木下利房が足守藩主に命じられ、以後明治まで続きました。

IMG_7864.JPG

陣屋の堀です。

コーナー部分です。

石垣で固められています。


左上に石橋が見えます。

IMG_7868.JPG

堀です。

陣屋の堀なので幅も狭く形式的なものです。

IMG_7862.JPG

足守藩陣屋の図です。

一重の堀に囲まれていました。

陣屋の東には庭園がありました。

IMG_7863.JPG

御殿の部分のアップです。

ほとんど失われていますが、一部残されています。

IMG_7869.JPG

陣屋跡です。

ほとんど更地になっています。

IMG_7870.JPG

幕末の嘉永4年に最後の藩主の木下利恭の奥方の住まいとして建てられたものです。

木下利玄の生家です。

訪ねたのが早朝だったので、まだ開館していませんでした。

開館しても中には入れないようです。

IMG_7871.JPG

建物の前にある門です。

絵図にはないので、建物の門として移築されたものでしょうか。

(続く)


碧海山古墳 [歴史雑話]

愛知県安城市桜井町にある碧海山古墳です。

IMG_9559.JPG

碧海山古墳は円墳です。

直径25m、高さ4mです。

山頂は平坦です。

IMG_9560.JPG

石碑です。

古そうで、古くから古墳が親しまれていることがわかります。

IMG_9562.JPG

住宅地の中にあり、よく残されたと思います。

碧海山古墳は、古墳時代の前半期のものです。

IMG_9561.JPG

安城市の桜井地区には前半期の古墳が多くあります。

古代では勢力のある豪族がいたと推定されます。