So-net無料ブログ作成

小諸城の足柄門 [移築城門]

小諸城の足柄門が城下に移築されています。

IMG_7533.JPG

光岳寺の山門として残っています。

北陸街道沿いにあって非常に目立ちます。

足柄門は慶長元年(1596)に建てられましたが、寛保2年(1742)の水害により流失し、明和2年(1872)に再建されました。

廃城後の明治5年に光岳寺に移築されました。

IMG_7536.JPG

寺から見た足柄門です。

高麗門です。

城門としては間口が少し狭いと感じました。

IMG_7534.JPG

門扉です。

屋根には樋が付けられています。


光岳寺は徳川家康の母於大の方ゆかりの寺院です。

於大の方は、松平広忠と離縁後に、久松(松平)佐渡守俊勝と再婚しました。

息子の松平因幡守康元が、菩提所として千葉県関宿に建立された事が最初です。

その後久松松平の転封とともに、大垣、小諸へと移りました。

光岳寺は於大の方の法号・傳通院殿蓉譽光岳智香大弾定尼に由来します。


nice!(74)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 74

コメント 4

green_blue_sky

於大の方のゆかりの寺院なのですか。
それで門が立派なのは納得します。
徳川家康の小説は読んでいたので、名前はよく知っています(^_^;)
by green_blue_sky (2016-11-24 08:11) 

馬爺

なるほど立派なもんですね流石に城門ですね。
by 馬爺 (2016-11-24 09:45) 

川崎工場長

間口は狭いとはいえさすが城門、立派なものですね。
by 川崎工場長 (2016-11-24 10:47) 

夏炉冬扇

昔はなんでもリサイクルですね。
ずっと寒くなりました。
by 夏炉冬扇 (2016-11-24 18:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0