So-net無料ブログ作成
検索選択

彦根城 その7 [お城踏査]

彦根城の続きです。

IMG_3825.JPG

太鼓櫓門を潜るとやっと本丸です。

天守が見えます。

天守は国宝です。

今国宝の天守は、彦根城、姫路城、松本城、犬山城、松江城の5城です。

IMG_3826.JPG

ひこにゃんと彦根城です。

このひこにゃんは看板です。

二次元です。

IMG_3829.JPG

彦根城から見た石田三成の居城の佐和山城です。

彦根城は関ヶ原合戦で勝利した徳川家康が、西軍の将の石田三成の居城の佐和山城を破却して、新たに家臣の井伊直政に命じて築かせました。

築城を急いだためにあちこちの城から門や櫓を移築しました。

天守は大津城の天守を移築しました。

IMG_3832.JPG

天守には右にある渡り櫓から入ります。

IMG_3834.JPG

渡り櫓を進むと天守の付櫓に入ります。

IMG_3835.JPG

付櫓を通るとさらに天守への入り口に門があります。

厳重な守りです。

IMG_3836.JPG

天守の中にも鉄砲狭間や矢狭間があります。

三角や四角の穴で、ここから鉄砲や矢を射ります。

IMG_3838.JPG

天守内部の一階の様子です。

窓が少ないので、中は薄暗いです。

IMG_3840.JPG

三階です。

彦根城は三重です。

IMG_3839.JPG

三階の床には桟があります。

ここに建具がはまっていたのでしょうか。

籠城時には城主の部屋として使われたのでしょうね。

今は建具はありません。

IMG_3841.JPG

屋根の見上げです。

天井はありません。

棟札が見えます。

IMG_3842.JPG

破風の中に隠し部屋があり、その中にも狭間が隠されています。

天守が高いので狭間の穴が下向きに空けられています。

実戦を感じます。

IMG_3843.JPG

天守の中の梁です。

木は太いですが、曲がった木が使われています。

曲がっているけど強いそうです。

木の使い方がうまいですね。

IMG_3844.JPG

階段です。

とても急です。

階段が急なのは、登りにくくすることと、場所を節約するためです。

IMG_3845.JPG

天守の屋根です。

本瓦葺きです。

IMG_3849.JPG

天守の入り口はもう一つありますが、こちらは閉じられています。

屋根は切妻です。

IMG_3855.JPG

彦根城の天守は三重ですが、千鳥破風や唐破風が多用されていて変化に富んでいます。

二重と三重の窓は火灯窓になっています。

唐破風には金の細工が施されています。

三重には高欄がありますが、外には出られません。

IMG_3857.JPG

裏側から見た天守です。

付櫓が結構大きいことがわかります。

(続く)








nice!(53)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 53

コメント 1

ryuyokaonhachioj

ありがとうございます。
あの魚は、川に生息する魚で・・・
ハヤ(通称)言ってるようです。
by ryuyokaonhachioj (2016-05-06 08:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0